フェラの優れた風俗

唇と舌とフェラ

唇と舌

皆さんは、唇と舌という器官が、どれほど愛撫に優れ、情報入力感度(性感の意味ではない)が高いかご存じでしょうか。

体性感覚野

こちらの図は、人間の身体で外側に接している部分(内臓などの体内にあるものではなく顔や手や足)の情報入力感度の高さを表しています。
唇や舌がトップクラスに大きいことが分かります。
つまり、唇や舌で相手の性のシンボルであるペニスに触れるということは、大いに相手を感じ取れるということなのです。
だから、相手とより親密になりたいと思ったらフェラはうってつけなのです。
さらに、舌は柔らかく常に濡れています。
歯や爪の様に硬く尖ったりはしていません。
つまり、機能としても愛撫に優れている部位なのです。

あれ、そう考えるとフェラって凄く自然な行為に思えてきます。
世の中には「フェラしてほしい」とか「フェラしたい」という願望を持ったまま、パートナーに切り出せない人がいます。
それはとっても残念なことです。
だって、自分もパートナーも幸せになれることなんですもの。
もし断られて傷ついたとしても、少し心の距離が縮まります。
心に防波堤を作ってはいけないのです。
だから、そんな時は舌や口が指より優れているんだということを伝えた上で、フェラをお願いしたりすればいいんです。

…っと、少し熱くなってしまいましたが、やっぱり無理って人もいると思います。
そんな時は、男性であれば風俗を利用し、女性であれば風俗で働けばいいんです。

もっとフェラの事、舌のこと、唇のことを知る事ができますよ。

↑ PAGE TOP